沿革

イノベーションこそがインスピレーション

KEF を特別なものとしているのはイノベーションです。その結果は誰もが簡単に見て… 聴けるものです。

レイモンド・クック OBE(大英帝国第五勲爵士)は音楽を愛し、非常に実務的な人物でした。1961年、卓越した音響性能を持つ製品を作り出すために、新しい材料と技術を試すという熱意を抱いていたレイモンド・クックは、今日まで成功を続ける先見性を伴う、質の高いエンジニアリングを基盤とする小さな会社を設立しました。

KEF は英国の Hi-FI 産業における先駆者の一つであり、ラウドスピーカーの設計において創業以来、常にパイオニア的アプローチを取ってきました。KEF は振動板とドライバー周辺での合成素材の使用において先頭に立ち、ラウドスピーカーのテストおよび設計においてコンピューターの力を用いた最初の企業です。

50年以上の歳月が過ぎた後も、KEF はケント州メイドストーンにある研究開発および工学の拠点で最新鋭の製品を開発し続けています。継続的なイノベーションと常に拡大を続ける最新式の高性能製品のポートフォリオにより、KEF は違いのわかるオーディオマニアの選択肢としての評判を維持しています。

KEF はイノベーションの上に築かれ、その行動の中心にあるのもイノベーションであり続けているのです。

KEF を特別なものとしているのはイノベーションです。その結果は誰もが簡単に見て… 聴けるものです。

レイモンド・クック OBE(大英帝国第五勲爵士)は音楽を愛し、非常に実務的な人物でした。1961年、卓越した音響性能を持つ製品を作り出すために、新しい材料と技術を試すという熱意を抱いていたレイモンド・クックは、今日まで成功を続ける先見性を伴う、質の高いエンジニアリングを基盤とする小さな会社を設立しました。

KEF は英国の Hi-FI 産業における先駆者の一つであり、ラウドスピーカーの設計において創業以来、常にパイオニア的アプローチを取ってきました。KEF は振動板とドライバー周辺での合成素材の使用において先頭に立ち、ラウドスピーカーのテストおよび設計においてコンピューターの力を用いた最初の企業です。

50年以上の歳月が過ぎた後も、KEF はケント州メイドストーンにある研究開発および工学の拠点で最新鋭の製品を開発し続けています。継続的なイノベーションと常に拡大を続ける最新式の高性能製品のポートフォリオにより、KEF は違いのわかるオーディオマニアの選択肢としての評判を維持しています。

KEF はイノベーションの上に築かれ、その行動の中心にあるのもイノベーションであり続けているのです。

創業者

レイモンド・クック OBE
(大英帝国第五勲爵士)

レイモンド・クックは英国海軍の無線技師として勤務した後、ロンドン大学で電気工学の学位を取得し、その後 BBC の設計部門へ入りました。BBC では、ダドリー・ハーウッド、D.E.Lショーターなどの才能豊かな技術者たちが居た先進的なスピーカー開発部門での業務を体験しました。ワーフデイルでギルバート・ブリッグスと共に5年間勤務した後、クックは最新の材料技術を用いてスピーカーを開発するため、自分の会社を設立することにしました。KEF はまもなく、K1モニター、ブックシェルタイプの Celeste などの製品を発表し、成功を収めました。以降、クックのエンジニアリングにおける強固な信念と方針により、KEF は世界をリードするラウドスピーカー企業の一つとして発展していきました。KEF はドライブユニットの品質の良さで知られるようになりました。そのドライブユニットは世界中で数え切れないほどのオーデイオシステムで使用され、後にスピーカ測定技術にとって重要な開発製品となりました。この技術的専門性を達成するために必要な投資は相当な額に達しましたが、レイモンド・クックは、KEF が将来に向けてとるべき経路を適切に判断していました。クックは優れたコミュニケーション能力を持っており、エンジニアリングだけでなく、KEF 製品のマーケティングも彼自身の高いスタンダードに達していることを確保していました。彼のオーディオ産業における熱意と検診に疑いの余地はなく、Audio Engineering Society(オーデイオ開発協会)を援助していたことからも明らかです。1984年には協会の会長となり、またそのことでトランスデューサー測定において大いに貢献したことが認められ、1993年に銀メダルを受けています。また1979年には、クックの広範にわたる貢献が認められ、エリザベス二世女王によりOBE(大英帝国第五勲爵士)の称号が与えられました。レイモンド・クックは1995年に亡くなりましたが、彼の遺産は自ら設立した会社に生き続けています。彼はKEF社の理念を次のように語っています。「私に見えていたスピーカーを改良するための数々の可能性を、より綿密なエンジニアリングによって実現することを決意した」

レイモンド・クックは英国海軍の無線技師として勤務した後、ロンドン大学で電気工学の学位を取得し、その後 BBC の設計部門へ入りました。BBC では、ダドリー・ハーウッド、D.E.Lショーターなどの才能豊かな技術者たちが居た先進的なスピーカー開発部門での業務を体験しました。ワーフデイルでギルバート・ブリッグスと共に5年間勤務した後、クックは最新の材料技術を用いてスピーカーを開発するため、自分の会社を設立することにしました。KEF はまもなく、K1モニター、ブックシェルタイプの Celeste などの製品を発表し、成功を収めました。以降、クックのエンジニアリングにおける強固な信念と方針により、KEF は世界をリードするラウドスピーカー企業の一つとして発展していきました。KEF はドライブユニットの品質の良さで知られるようになりました。そのドライブユニットは世界中で数え切れないほどのオーデイオシステムで使用され、後にスピーカ測定技術にとって重要な開発製品となりました。この技術的専門性を達成するために必要な投資は相当な額に達しましたが、レイモンド・クックは、KEF が将来に向けてとるべき経路を適切に判断していました。クックは優れたコミュニケーション能力を持っており、エンジニアリングだけでなく、KEF 製品のマーケティングも彼自身の高いスタンダードに達していることを確保していました。彼のオーディオ産業における熱意と検診に疑いの余地はなく、Audio Engineering Society(オーデイオ開発協会)を援助していたことからも明らかです。1984年には協会の会長となり、またそのことでトランスデューサー測定において大いに貢献したことが認められ、1993年に銀メダルを受けています。また1979年には、クックの広範にわたる貢献が認められ、エリザベス二世女王によりOBE(大英帝国第五勲爵士)の称号が与えられました。レイモンド・クックは1995年に亡くなりましたが、彼の遺産は自ら設立した会社に生き続けています。彼はKEF社の理念を次のように語っています。「私に見えていたスピーカーを改良するための数々の可能性を、より綿密なエンジニアリングによって実現することを決意した」